モース硬度とは?

引っかき硬度試験

モース硬度とは、材料の耐引っかき性を測定する方法です。この尺度は、1812年にドイツの地質学者で鉱物学者のフリードリッヒ・モース(1773-1839)によって開発されました。モース硬度計の背後にある考え方は非常に単純です。硬い素材は柔らかい素材を傷つけます。モース硬度は1から10のスケールに基づいており、ダイヤモンドが最も硬い素材であり、最高値は10です。材料は互いにテストされ、一方が他方を引っかいた場合、材料の値が高くなります。たとえば、石膏はタルクを傷つけることができるので、タルクよりもモース値が高くなります。モース硬度は使いやすいのですが、尺度が10個しかなく、絶対的な硬度との関係が対数に近いため、正確性に欠けます。モース硬度の5と6の違いを真に判断することはできず、ビッカースやロックウェルのようなより洗練された高精度な硬度測定法よりも近似値になります。モース硬度測定法の利点は、他の2つの測定法のへこみと比較して、引っかきのプロセスがあることです。これは、粉砕しても変形しないガラスやセラミックのような結晶性材料に特に有効といえます。

Mohs Härteskala

HärteMaterial
1Talk
2Steinsalz
3Kalkspat
4Flußspat
5Apatit
6Feldspat
6,5Borosilikat Glas
7Quarz
8Topas
9Korundum,Safir,Rubin
10Diamant